■女性からの返信がないときは

女性との出会いを求めて出会い系サイトに登録したものの返信が全くないと嘆いている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

それを知らずにメッセージをひたすらに送り続けてもほとんどが返信してもらえずイライラが募る一方です。

当サイトでは、女性が男性に返信できない細かい理由と、なるべく返信されやすいコツを解説していきたいと思います。

例えば、これは有名出会い系サイトに登録した女性の話ですが、顔写真を載せたとたんにあっという間にメールが来て50通以上も男性からメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

では、もしあなたが女性だったとして一日に30通以上も男性からメッセージが届いて返信しようと思うでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

男性から送られてくるメールの量が多すぎて返信する作業が追いついていないと言うことです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■ファーストメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の環境がわかれば、適当に何通も送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう書き方をすれば、返信率を上げることができるのでしょうか。

●まず自己紹介をする

ありきたりですが、まず初対面の人には挨拶がないと人としての人間性を疑われてしまったりもしますので、ファーストメールでは必ず自己紹介と挨拶しましょう。

ここでコツとして、自分の名前を相手に教えると好感度が上がります。

本名を伝えることで相手に安心感を持ってもらうことができます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●何が気になったのかを書く

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールの具体的に何が気になって、自分の中の何に共鳴したのかをきちんと書いて相手に伝えれば、他の人にはない具体的なことを書いてもらっているので、相手の印象に残ることができます。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なので、ここでは拾える限り相手の情報を拾って、なにが相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もし自己紹介覧などから相手の心に響きそうなネタを拾えなかったら、画像を見たときにびびびっときた!なんていってあげるのもとても重要です。

●返信率を上げる方法

以外と皆さん適当に終わらしてしまっているのが最後の締めの一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

なぜなら、こう言った適当な言い方で最後の一行を締めるというのは、女性の返信を促すような文章になっていません。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また、人間というのは基本的に他人はあまり関心がなく、自分にどれだけ興味を持ってもらえるかということに興味があります。

つまり、すごい丁寧な文章のメールを送ることによって、相手の女性にこれだけ私のことを思ってくれているの!って思ってもらえることができます。

こういう人間心理に根ざしたテクニックを心得ておくことにより、相手の心を揺さぶって返信率を劇的に高めることができるのです。

●ファーストメールは短めに

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信してくれるかどうかでふるい落とすことができますが、そもそも母数を増やす必要があるので、あまりいいテクニックとはいえません。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

それにたくさんの女性にメールを送るときに全員にこれだけの長文のメールを送っていたら、時間がいくら合っても足りません。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのテクニックには以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、当サイトの記事を参考にして、ライバルを出し抜くテクニックを身につけて、いろいろなコツを身につけてください。

●言葉遣いを丁寧に

丁寧な口調と言ってもお客様みたいな感じに扱う必要はありません。あくまでも男女の間の丁寧さでかまいません。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●コピーはしない

ファーストメールでもそのあとのメールでもそうですが、コピペメールは送らないようにしましょう。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

自分に向けた情熱みたいなものが感じられないので、直感でわかるのです。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を書くことにより相手に親近感を持ってもらえるようになります。最初の数通は相手の名前を出すことにより一気に距離を縮めることができます。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●相手の興味を聞く

出会い系サイトに限った話ではありませんが、相手に気持ちよく話してもらうにはこちらからうまく質問をする必要があります。

そのために相手の興味がありそうな質問を探す必要があるのですが、相手がどういうことに反応するかというのをみる必要があります。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問することです。そうすることにより相手に興味を持ってもらって感情のこもる文章になります。

●送信時間を一定にする

ファーストメールがおわって次のメールからになりますが、メールの文字数や送信の間隔は相手のペースに合わせると好感を持ってもらいやすいです。

例えばですが、相手が3行くらいのメールだったら、こちらも3行くらいのメールにすることにより、同調してもらいやすくなります。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いが飽きるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりいいことではありません。

なぜなら一番楽しいところはピークが過ぎてしまったので、次にメールするモチベーションがなくなってしまうからですね。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

このマンネリ化を避けるためには、お互いが楽しさのピークの時にあえてメールを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短時間で終わらせて、プライベートなメルアドでやりとりすることがテクニックです。

男性がやりとりに対して料金を負担していることを女性も知っているので、個人的なメールアドレスに移行することを了承してくれやすいと思います。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

じわじわ仲良くなれたら仲良くなってもいいけど、すぐに会いたいと行ってくる男性はあまり信用していないというのが女性側の心理です。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●女子大学生

女性大学生と主婦は返信率が高いのですが、それは以下にの理由によるものです。

女子大生の場合はこれは単純に若いからと言う理由で好奇心の強さや、まだ人生経験があまりないのでいろいろ経験してみたいと思っているからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも既婚者である主婦が出会い系サイトに登録している時点でそういう欲求があると言うことなので、主婦はとくに穴場だといえるでしょう。

●夜遅くにログインしている女性

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろんそれぞれに個人的な事情があるとおもいますが、一番共通しているのは、アダルトな出会いにせよ、まじめな出会いにせよ、異性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣な出会いを探し求めている女性に、しっかりとした文面のメールを送れば高い確率で返信してくれると思いませんか。

また人間としての本能として、夜の行動は本能的なものになるという心理学的なノウハウがあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●共通点を探す

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、相手の質問に対してすべて返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき、教えてくれない女性に対して、起こったりテンパったりしてしまっては、相手の女性から信用してもらえません。

ですが、相手がどういう返信をしてくるかをすべて想定しておくことにより、どんな返事が返ってきても優雅に返信することができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●相手を思う純粋な気持ちが重要

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分の体験談で、科学的な検証をしていないのですが、自分の情熱があれば、相手もそれに答えてくれて返信してもらいやすくなります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる好意だからこそ、本当に出会いたいと思いますし、いざ出会ったときに幸せなひとときを過ごせると思います。